REiVALUE

INFORMATION

2020.02.20ニュース地域活性化・地方創生

キャリーケースをおいて「手ぶら観光」” LUGGAGE-FREE TRAVEL”

2020年の訪日外国人旅行者数の目標は、4,000万人。政府は「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定し、観光先進国を目指しています。その実現のための3つの視点は、「観光資源の魅力を極め、地方創生の礎に」「観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に」「すべての旅行者が、ストレスなく快適に観光を満喫できる環境に」というものです。

こうしたビジョンに沿って、さまざまな環境整備が進み、新たなサービスが生まれています。そのひとつ” LUGGAGE-FREE TRAVEL”をご存知でしょうか?JTBとヤマト運輸、パナソニックの3社がタッグを組んで生まれた、「手ぶら観光」支援サービスです。

このサービスでは、かさばるスーツケースを、オンライン手続きによって簡単に配送することができます。全国の空港から宿泊施設へはもちろん、宿泊施設間や観光施設へも配送が可能です。

申込は外国人旅行者の方が自ら行うため、宿泊施設は送り状を代筆する必要はありません。申込後、発行されるQRコードを読み込めば受付は完了し、決済はクレジットカード。宿泊施設への荷物到着は基本的に宿泊当日のため、保管スペースを確保しなくてよいなど、施設側の負担も軽減されます。

3社は、2020年までに訪日外国人旅行者4,000万人の2.5%にあたる100万人の利用を目指しています。

関空へのアクセス良好、「Sano San Chi」で手ぶら観光を

当社のゲストハウス「Sano San Chi」は、空の玄関口・関西空港へのアクセスが抜群。フライトを終えてチェックインすれば、あとは荷物を置いて手ぶら観光を楽しむことができます。荷物が多くなりがちな長期旅行や、ご家族連れにもぴったりですよ。

肩肘張った観光ではなく、等身大の自分らしい旅が主流の今。手ぶら観光は、旅行中の快適さをさらに高めてくれます。ぜひゲストハウス「Sano San Chi」へスーツケースを置いて、リラックスした旅をお楽しみください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

お問合せ

事業・サービスに関するご相談、お問合せは、
下記フォームよりご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム