REiVALUE

INFORMATION

2021.10.01ニュース再エネ調達

「再エネ価値取引市場」の最新の検討状況! 最低価格は0.3円/kWhに

2021年11月に初回オークション予定の「再エネ価値取引市場(仮称)」。需要家がFIT非化石証書を直接売買できる新市場の検討が大詰めです。最新の状況をアップデートします。

 

最低価格の議論に大きな進展

2021年9月24日の第57回 電力・ガス基本政策小委員会 制度検討作業部会では、最低価格、証書の有効期限、証書の売れ残りの扱い、仲介業者の要件の4つのテーマが議論されました。中でも、最低価格がほぼ固まったことが今回のトピックだといえます。

最低価格は当初0.3円/kWhに

再エネ価値を取引する海外の制度とのバランスなどを考慮し、FIT非化石証書の当初の最低価格は0.3円/kWhとなる見通しです。前回の議論では0.3~0.4円/kWhと幅がありましたが、0.3円/kWhに落ち着くとみられます。

Jクレジットなど他の制度の価格バランスについては、各制度の取引ターゲットが異なるためそれぞれの取引に影響を与える可能性は少ないと整理されましたが、この点は今後も注視が必要です。

一方で、小売電気事業者の高度化法の達成義務市場では、再エネ指定の非FIT非化石証書の最低価格は0.6円/kWhとなっています。この費用負担に関しては引き続き検討されることになりました。

有効期限は従来通り翌年6月

2021年11月の初回オークションで取引された証書の有効期限は、従来と変わらず翌年6月となる見込みです。

売れ残った環境価値もこれまで通り配分

売れ残ったFIT証書の環境価値は、現在、高度化法の義務が課せられる小売電気事業者に配分されています。FIT非化石証書も同様の取り扱いとなる方向です。

JEPX規程で仲介業者の要件を定める

前回、証書を仲介する業者は日本国内の法人に限ることやJEPX(日本卸電力取引所)の取引資格に相当する条件を求めるとされました。これらを踏まえ、JEPX規程の改定案が提示されました。

加入要件に加え、記録や報告の義務、需要家への説明を求める方向になる見込みです。これらの規定に違反した場合には、取引を停止するなどの罰則も設けることが示されています。


FIT証書はスコープ2で報告可能

需要家が調達するFIT非化石証書は、GHGプロトコルのスコープ2(間接排出)における活用が想定されます。つまり、需要家が購入した電力のCO2排出量に対する削減策とすることが可能です。

多様化する再エネの調達手段について、当社は今後もしっかりとウォッチしていきます。さまざまな条件、ご予算でのご提案も可能です。どうぞお気軽にお問合せください!

 

>>お問い合わせはこちら

お問合せ

事業・サービスに関するご相談、お問合せは、
下記フォームよりご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム