REiVALUE

INFORMATION

2022.07.19ニューストータルエネルギーソリューション

「節電ポイント」とは? 還元の仕組みやスケジュールを解説

2022年度の夏季と冬季の電力需給については、全国的に、安定供給に必要な予備率3%を確保できない見通しが示されています。そんな中、政府はこの8月にも「節電プログラム」を開始する意向を固めました。

 

節電プログラムの仕組み「デマンドレスポンス」とは?

新たに実施が予定されている「節電プログラム」とは、デマンドレスポンス(DR)の仕組みを活用したものです。デマンドレスポンスとは、電力需給の状況などに応じて、需要家などが電力の使用パターンを変更することを指します。

デマンドレスポンスは、これまでも一部の企業などで実施されてきました。一例を挙げると、新電力のLooopは「真夏の節電大作戦」というデマンドレスポンスキャンペーンを2019年から行っています。

デマンドレスポンスの意義として挙げられるのは、まず、電力システム全体の経済効率の向上です。電力システムにおいては、これまで、需要の最大値に合わせて発電設備が維持・管理されてきました。

しかし、電力需要がピークを迎えるのは、1年間のうち、ほんのわずかな時間にすぎません。この短時間のピークのために発電設備を維持・管理したり、燃料を調達したりするコストを考慮すると、デマンドレスポンスによって需要をコントロールする方が、経済合理性が高いと考えられているのです。

(出典:資源エネルギー庁『エネルギー・リソース・アグリゲーション・ハンドブック』より抜粋)

 

ほかにも、再生可能エネルギーの出力制御を低減したり、電力系統の安定化のためのコストを抑えたりすることにも役立つとされています。



「節電ポイント」還元の仕組みは?

政府が2022年7月15日に開催した物価・賃金・生活総合対策本部では、節電ポイントのスキームの全体像が明らかになりました。

(出典:内閣官房 物価・賃金・生活総合対策本部 令和4年第2回 議事次第・資料より抜粋)

 

同会合によると、節電ポイントは、小売電気事業者などから家庭や企業といった需要家に付与されるとのこと。家庭向けには、節電プログラムに登録することで「2000円分相当のポイント付与」を行うとされました。

また、節電ポイントの原資については、国が執行団体を通して小売電気事業者などに交付するとされています。小売電気事業者が節電プログラムに参加するかどうかは、各社の判断に委ねられると予想されます。

したがって、需要家からみたときには、契約中の小売電気事業者によっては節電プログラムに登録できないケースもあると考えられるのではないでしょうか。

 

節電ポイントのスケジュールは?

節電ポイントは、家庭向けには2022年8月にもスタートするとされています。資源エネルギー庁は7月11日、節電プログラムを実施するための執行団体を決める公募を開始しました。公募期間は同20日までとされているため、8月からの節電プログラム実施に向けた準備は、かなりタイトなスケジュールとなりそうです。

節電プログラムがいつ始まるのかといった具体的なスケジュールについては、まだ発表されていません(2022年7月15日現在)。こうしたスケジュールが明らかになり次第、本ブログでご紹介してまいります。

 

電力各社による独自の節電キャンペーンが先行

その一方で、小売電気事業者の中には、独自の節電キャンペーンを先行して実施しているところもあります。

例えば、東京電力エナジーパートナーは「夏の節電チャレンジ2022」を2022年6月8日〜9月30日まで行うとしており、期間中、対象の時間帯の節電量に対して、Tポイントなどと交換できるポイントを付与するとしています。

また、東京ガスも、最大4000円分相当のAmazonギフト券がもらえる「夏の節電キャンペーン」を開催するとし、応募期間が7月18日までとなっています。

さらに、SBエナジー、ENEOS、エネワンでんき、東急パワーサプライの4社は6月20日、関東4都県の契約者を対象に、脱炭素型のライフスタイルへの転換を促進するウェブアプリケーション「yOUR(ユアワー)」の利用申し込み受付を開始したと発表しました。これは、ゲームを活用して楽しみながらデマンドレスポンスに取り組んでもらおうとする実証事業の一環です。

ほかにも、北海道電力や九州電力などの旧一般電気事業者各社も、それぞれデマンドレスポンスによる節電キャンペーンを展開しています。

(※上記の情報は2022年7月17日現在のものです)

本ブログでは、今後の政府による節電プログラムの動向などについて、逐次お届けしてまいります。

また、当社では、企業様の電力調達などの専門知識豊富なスタッフがサポートさせていただいております。ご相談も受け付けておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください!

>>お問い合わせはこちら

お問合せ

事業・サービスに関するご相談、お問合せは、
下記フォームよりご連絡をお願いいたします。

お問合せフォーム